転職回数が多くなったときの対策方法

転職を成功させるために気になることとして、転職した回数が挙げられます。日本では同じ企業で働き続けるのが道徳的に良いとされていた影響で、転職についてあまり肯定的ではありませんでした。その影響を受けて、転職志望者の受け入れに対して積極的な姿勢の企業が増えてきても、転職回数が多い人は不利になりがちです。転職回数が多くなるとジョブホッパーと思われてしまうのが問題で、採用してもすぐにやめてしまうのではないかと不安になられてしまいます。このような不利な状況を打開する対策をするのが転職回数が多い人にとって重要なポイントです。

転職回数がかなり多かったとしても日本で転職できないわけではないので安心しましょう。重要なのは転職先の業界をどこにするかを考え、さらに転職の目的を過去に遡って明確にすることです。人材の不足が厳しい業界では転職回数についてあまり意識しない傾向があります。まずは戦力になる人材や、すぐに現場に出てくれる人材を獲得することが重視されているからです。IT業界や介護業界、医療業界などが典型例として知られています。人材不足の業界は時々刻々と変わるので動向に注意して転職先を検討しましょう。

また、転職回数が多くても個々の転職の目的を具体的に伝えれば状況は変わります。明確なキャリアプランを立てて転職を繰り返してきたことを納得してもらえれば採用に前向きになってもらえるのです。転職回数が増えてくると対策の工夫が必要になるのは事実ですが、諦めずにやりたいことをできる職場を見つけて転職しましょう。

2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930