ドラマや映画、アニメにミュージカルなどなど、DVD作品のジャンルはさまざまです。
けれども、ダイエットをはじめとするエクササイズ関係や語学などの教育関連以外、多くは一度見ると再度見直さない場合がほとんどではないでしょうか。
「またいつか見るかも…」と保存しておくよりDVD買取に売ってしまうほうが、新しいDVDを買う資金の足しにもなりますよ。

買取金額をアップさせよう

必要なくなったDVD
ただし、お店にもよりますが、レアものや限定販売といったDVD以外はさほど高値での買取はあまり期待できません。
だからこそ、ちょっとしたひと手間で買取価格を高くできるのであればそれを試してみることをおすすめします。
ここでは、簡単に買取金額をアップさせる方法を紹介しましょう。

DVDの状態をよくする

まずひとつ目が、DVDの状態をよくするというものです。
動作しないようなDVDはもちろん買取してもらえませんが、汚れくらいはきちんと拭ってから買取に出すだけでも買取金額は違ってきます。
ディスクの汚れなら、柔らかい布でディスクの内側から外側に向かって拭くといいでしょう。
柔らかいからとティッシュペーパーを使う人もいますが、汚れは取れても細かい傷がつく恐れがあるのでNGです。
布で取れない汚れは研磨機を持っているなら研磨するといいのですが、その場合はDVDとブルーレイでは機材が異なるので要注意です。

ケースの汚れは多少なら消しゴムでこすると取れます。
使用する消しゴムは、研磨剤の入ったいわゆる「砂消しゴム」以外なら何でもOKです。
また少し水に濡らした柔らかい布でこするのもいいでしょう。
ケースが破損していたり汚れが激しくてうまく取れないといった際には、100円ショップなどでケースを買って交換するのもおすすめです。
ただし、買取価格の高いDVDでなければケース代のほうが高くついたということにもなりかねないので注意しましょう。

梱包にも気を付ける

DVD
宅配買取に買取を依頼する場合には、梱包する場合に気を付ける必要があります。
というのも、運搬の際にDVDが傷付いたり傷んでしまったなら買取価格が下がってしまう可能性があるからです。
そういった事態を防ぐためにも、梱包はしっかり行なわなければなりません。
梱包をする場合にはダンボールの底はきちんとガムテープで固定して、なるべくDVDの大きさを揃えることや箱の底にダンボールを一枚敷いておく、ひとつの箱に詰め込み過ぎないといったことに気を配りましょう。
隙間ができたなら新聞紙など緩衝材を詰めて、箱の中でDVDが移動しないようにしましょう。

買取内容の確認も重要

直接買取金額をアップさせる方法ではありませんが、買取内容を確認することも大切です。
宅配買取では送付する場合ほとんどのお店で宅配料は負担してくれますが、その代わりに買取点数や金額を指定していたり配送業者や配送方法が決まっているお店もあったりと、それらの条件を満たさなければ宅配料を負担してくれないケースも少なくありません。
また、買取査定金額に納得できず買取をキャンセルした場合のDVDの返送料はこちらで負担ということもあります。
こういったいろいろな買取に関する条件や決まりはショップのホームページに記載されているので、しっかりと確認しておくべきです。
確認せずにDVDを送ってからトラブルになるというケースも起こっています。
ホームページに買取内容に関する記載がないショップは悪質という考え方もできるので、事前のトラブルを回避する判断材料にもなります。