転職回数の多さをプラスに活かす方法とは

転職を成功させたいのに、転職回数をネックに感じる人も多いかもしれません。自分の条件に合った職場を求めて転職を繰り返すのは良くない思う方は大半です。さらに転職回数が多い場合、面接でのアピールの仕方次第で、面接官が受ける印象は全く異なるものになります。欧米では、有能な人ほど転職すると言われています。チャレンジ精神が豊富、キャリアアップに対して積極的だと捉えらえるからです。

しかしながら、日本においては、事情が異なります。転職回数があまりに多いと、「うちに就職しても、またすぐに辞めてしまうのではないか」「身につけているスキルが乏しいのではないか」と懸念されるケースも少なくありません。そのため、面接では、転職回数を重ねることで、自分がどのようにキャリアアップしてきたかを上手に訴える必要があります。「〇〇のスキルをさらに伸ばしたいと考え、△△へ転職しました」など、転職の目的を明確にし、前向きな姿勢をアピールするようにしましょう。

また、もし転職理由が家庭の事情や労働環境、人間関係などだった場合でも、それを強調してしまっては良い印象を与えません。これらの理由は、仕事のスキルと直接関係がないからです。受け捉え方によっては、マイナスの印象をに与えてしまう可能性もあるで注意が必要でしょう。転職はあくまでも自分が成長するためだと、伝えるようにします。前の会社でどのようなスキルを培ってきたのか、そしてそれを次の会社でどのようにスキルアップできたのか。さらに、今回の転職を通して、どのように活かすことができるのか。この一連の流れが上手に説明できると、話に一貫性が出て、説得力が増します。説明一つで転職回数をプラスの印象に変えることができるのです。

2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930