面接を通過するためのコツ

キャリアプランを立てて充実した職歴や学歴になるように計画的に取り組んできた人は、転職回数が多い人に比べて苦労しないと思われがちです。しかし、実際には書類選考は簡単に通れたとしても、面接を受けたときに落とされてしまうことはよくあります。転職活動では職歴や学歴が充実している人なら書類を見た人事担当者が魅力的な候補として感じてくれることが多く、面接に呼んでもらえるのが一般的です。しかし、書類選考を通過できたからといって面接選考も通れるわけではありません。面接の方が中途採用では重視されているため、大きなハードルになってしまうのは確かでしょう。

書類選考ではあまり問題がないのに面接を通過できずに困ったときには、書類の内容を再考しましょう。書類選考を通過できるように書き上げるのではなく、面接で有利になるように内容を整えるのがコツです。転職活動ではまず書類選考を通らなければならないと思いがちですが、実際には面接で自分の魅力を採用担当者に感じ取ってもらうことが欠かせません。採用担当者は書類の内容を見て質問することを考えているので、質問したくなるようなポイントを散りばめておくのがコツです。

その一方、転職を繰り返している人は書類選考に通っても、面接でなぜ転職回数が多いのか聞かれる可能性が高いでしょう。その場合、転職をプラスに転換して説明することが求められます。例えば、幅広い知識や経験を積みたかった、よりスキルアップするために職場を変えたなど、説明の方法によって転職回数をプラスに変えることができます。せっかく書類選考に通ったのだから、転職回数に引け目を感じないようにどのように回答するのか事前に考えておくことが大切でしょう。

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031