売れないDVD、売る際に注意が必要なDVDとは?

ドラマや映画、アニメにミュージカルなど、いろいろなジャンルのDVDを買取に出そうと考えている人も少なくないでしょう。
DVDを買取してもらう方法は店頭買取や出張買取、宅配買取が主ですが、お店によっては専門ジャンルのみしか買取しなかったり買取対象を限定しているケースもあるので要注意です。

買取対象を確認しよう

専門ジャンルや買取対象を限定しているお店に買取を依頼した場合、受け付けてもらえる可能性はないとはいえません。
ただし、それ以外のお店で買取してもらったほうが高値がつくケースも少なくないのです。
買取店には得意とするジャンルのあるところも多く、そういったお店はそれに相応するジャンルのDVDを買い取ってもらうほうが好ましいでしょう。

買取NGなDVD

また、多くのショップで買取してもらえないDVDもあります。
それは、複数の同一タイトルであったり、輸入物、アダルトもの、付録のDVD、レンタルで使用されていたDVDなどです。
買取不可の品物はそれぞれのお店のホームページに記載しているので、買取を依頼する前に確認しましょう。

どうしてもこれらのDVDを売りたいと考えるなら、ネットオークションやフリマアプリに出品するといいかもしれませんね。
お店で買取してもらうより手間や時間は掛かりますが、欲しい人が現れる可能性もあるでしょう。
もちろん盗品や偽造など違法なDVDはどこで売ろうとNGです。

DVDのコンディションも重要

コンディションの悪いDVDも買取は不可です。
DVDディスクそのものの他、ケース、ブックレットの傷や汚れがひどすぎる場合には買取してもらえません。
多少汚れなら査定に挿す前にきれいに拭き取っておくだけで買取金額がアップすることもありますよ。
ケースがない、特典付きの商品なのに特典がないといった場合も買取不可になることもあるので注意しましょう。

関連する記事